スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | - | -
タイの思い出を語ろう★ Chiangmai編
チェンマイに真夜中に到着。真っ暗&宿無し&本当に外国。やってしまった、想像以上に自分のしていることは重くのしかかってきてた。
とりあえず半ベソ状態でトゥクトゥクに乗って宿探し。日本人がよく集まるという宿にウボンに行くまでの3日間宿泊することにした。

ホテルの従業員は少し日本語が話せてすごく安心した。チェンマイの街も案内してもらった。

エレファントファームに連れてっていってもらった時の写真。さとうきびを持って立っていたら像に狙われた;;タイっぽい写真だな。エレファントファームの像については色々思うことがあったけど、ここでは置いておきます。あ、こんにちは。これがkirariデス猫2

お店を守るちびっこ。

この街では色々あった。
仲良くなった人たちがオカマちゃんだったこと。そのうちの一人に愛をささやかれ続けたこと(うん?男として!?オカマちゃんとして!?)。楽しんでいるつもりが、実はこの先の不安で押しつぶされそうになっていたこと。そして、良くしていてくれたホテルの従業員が、ぼったくり犯だったこと。

現地の金銭感覚が身についてきて薄々気付いていた。でも、タイに来て初めて良くしてくれてた人たちを疑いきることが出来ないでいた。とりあえず荷物だけは死守しようと、四六時中離さないでいた。(ホテルに置いてても部屋を開けられるから危ない)
結局3日目の朝、偶然ホテルのロビーに居た日本人3人組に事情を話すと、そのうちの一人のチェンマイに大変詳しい方がホテル側に詰め寄ってくれた。
明らかになったのは、3日間従業員のふりをして私にくっついて来てた人は勝手にホテルに住み着いている人だった。
予感が的中したのと、自分の不甲斐無さと、でもまだ信じられないので泣き崩れてしまった。日本人3人組みが抱えてくれて、ホテルを後にした。

その後ウボン行きのバスが来るまで3人組と街を歩いた。
チェンマイに詳しいSusumuさんという方に
「少し高いお金を出して社会勉強したと思えばいいよ。ウボンではいい出会いがあるといいね」と言われたことで、落ち着きを取り戻せた。残りの2人(バックパッカー歴の長い1つ年上の女性&初海外の1つ年下の男の子)もいい方だった。3人に見送られ、長距離バスに乗ってウボンラチャタニに向かう。

人を疑うことの良し悪しを論じると答えに詰まるけど、タイに一人で降り立った以上、自分のことは自分で守るしかないのだ。その手段として、人を疑う目も持ち合わせなければならないということを痛感した。短くも強烈なチェンマイでの3日間が終わった。

あ、また長々と打っちゃった(>_<)
つづく・・・。
Posted by kirari at 23:18 | Thailand | comments(7) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク at 23:18 | - | - | -
コメント
象に襲われてる!?w

楽しい事もあれば、辛いこともあったんですねー。やっぱり、実際に言った人の言葉は説得力が違う!!
俺はとりあえず気ままにタイをうろつこうかな〜って思ってます☆
現地の人を疑いすぎても楽しめないけど、疑わなきゃいけない時もあるんですね…。疑うっていうよりも、貴重品とかをシッカリ管理したり、現地の金銭感覚を養うのは、お互いが良いコミュニケーションを取る為のマナーみたいなものだったりするのかな??

にしても、読めば読むほど、タイへの思いは募る…w
あぁ、もうなんか、こういう気持ちになったら行くしかないな〜
watalucky | 2006/07/22 00:33
そうそう。向こうは物価が安いから最初は何も感じなかったの。90円くらいでお腹いっぱいなっちゃうから、あー安くていいやって。でも数日で現地の金銭感覚になるよ。
疑うというよりは、最低限の危機管理をするってことかな。あとは楽しむのみ♪あと相手の文化をちょこっと頭に入れとく。失礼なことはしたくないもんねww

いかがでしたか?って個人的な想いを綴っただけだけど;;;夏休み(または今後)へ向けてのモチベーションになれば、うちも嬉しい^^
これから「これぞタイ!」っぽい写真を載せてくつもりなんで、気長に待っといて★
kirari | 2006/07/22 00:54
あ、wataluckyくんにタイ行きをけしかけているわけではないので〜。本決まりじゃないのも何となく分かっとるけぇ。
海外行きなんて、そんなのいつでもいいじゃん!今そんな気持ちでちょいドキドキしてるってことがいいじゃん♪うちもこうすることでテンション上げていきたいだけかも(笑)
ま、そんだけデース。閉店ガラガラします。
kirari | 2006/07/22 01:02
 大変でしたねー!日本じゃまず自分の身の安全なんか気にもせずに暮らしてますからねー。俺もタイに行きタイなーっ、、、とにかく頑張れとしか言えません(泣き)頑張れー!   俺もムエイタイの修行しに行きたいな〜!
yousuke | 2006/07/22 01:22
>少し高いお金を出して社会勉強したと思えばいいよ。

 121も忘れていたけど、この記事を読んでいるうちに思い出した事実がひとつ。 本当はあまり思い出したくない思い出。 でも、いい社会勉強になったと今では感謝しています。 見事に騙されて、大枚を失った事があります。韓国旅行に行った時の事でした。 その人は本当に日本語が上手で、、親切を装って近づいてきました。すっかり信用してしまい、騙されました。でも、後悔はしていません。自分で決めた事ですから。それに、人を騙すよりは騙された方がいい(?)と思う。 永い人生のうちの一齣、こんなことがあってもいいのかな? そりゃ、ない方がいいに決まってるけど月日が経つとどんなにつらく悲しい経験でもしておいてよかったと思えるようになってきています。 でも、海外旅行で嫌な思いではこの時の事だけです。他は、アメリカとか台湾などにも旅行した事があるけど、それはそれは楽しい思い出ばかりです。 人間として生まれ、一生一度の人生だもの出来うる限りの経験は積んでおいて損はないと思う。 若い内に色々と経験しておいて本当に良かったと今更思います。 121はwataluckyくんにタイに行く事をけしかけます。 是非、行けるなら行きたいと思った時に行って下さい。 行って嫌な経験をしたとしても、行かないであの時に行っておけばよかったと後悔するよりは絶対にいいと思う。 でも、最後は自分で決めるしかないんだよね。 長々と済みませんでした。 このシリーズは是非最後まで見てみたいです。 kirari姫のペースでいいですから今後も宜しくお願いします。 m(_ _)m
121 | 2006/07/22 01:57
>yousukeさん

タイに行きタイでしょ(笑)
自分はしっかりしている方だから騙されたりしない、なんて思っていたけど、初日から予想を上回る手口に遭遇しちゃいました。(・・・こんなん甘いのでしょうが・・・)
3日目に初めて見た人が本当の従業員だったんですよ!それも本当か分かんないけど。

ムエタイですよ、本当に街中で路上ムエタイしているからびっくりですよ!!やっぱり本場は違いましたよ☆VIVA格闘技★

>121さん

本当に自然ですよね。私は食費が2人分、時には1.5人分という微妙な額を上乗せ請求されていました。現地の金銭感覚が身につくまで中々確信には至りませんでした。
丁度助けて下さった方が海外経験豊富な方々だったので、海外を一人で歩く際に気をつけるべき事を沢山教わることが出来ました。そこんとこは、本当に運が良かった。
きっかけは最悪な事だったけど、じゃないと出会えなかった人達だし(←続編で驚くべき事が!!)、そうでないと私はもっと酷い被害にあっていたかも知れない。この後出会っていくタイの人達の優しさに感謝しきれなかったかも知れない。
>そりゃ、ない方がいいに決まってるけど月日が経つとどんなにつらく悲しい経験でもしておいてよかったと思えるようになってきています。
これは本当だと思います。というか、辛い経験も自分の中で消化して、+の方へ導いてやらなきゃもったいない。もちろん、これは海外旅行以外にも当てはまる事ですよね。
kirari | 2006/07/24 11:47

>もちろん、これは海外旅行以外にも当てはまる事ですよね。


 もちろん、もちろん、もちろんですとも、(3回はちょっとしつこかった? でも、その位重大な事だと認識してもらいたいからね)

 海外旅行という人生の一場面で、すごく辛い経験をしたと言うのは言ってみれば宝くじに当たったようなラッキーな経験なんですよ。 なぜって、そんなに辛い経験を普通に日本で生活していたら多分出会わないだろうし、そうゆう経験をしたからこそ他人の痛みを自分の物として感じられるようになると思う。また、何に対してでも思慮深く対処しようとする無意識が働くようになるじゃないですか。 こういった事故というのはお願いして遭うものじゃないしね。

 よく、プラス思考とかマイナス思考とか言うけど、どちらの思考を選ぶかは本人しか権利が無いわけだし、その後の人生において多分こういった経験を積んできた人というのはプラス思考を選ぶと思うんだよね。 現に、121はそういった辛い経験を何度も積んできて、今じゃ、多少の事じゃなんとも思わなくなったし、死ぬわけじゃ無いからまぁいっかぁ。 ってなものですよ。 人生、どん底に落ちたら、あとは上がるしかないんですよ。
121 | 2006/07/24 16:41
コメントする







この記事のトラックバックURL
http://kiraridays.jugem.jp/trackback/44
トラックバック
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Bookmarks

Profile