スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | - | -
まずは謝罪。。
タイの思い出を語る前に、インドネシア行きの準備が大詰めをむかえてきて、更新がストップしとります(>_<)本当にごめんなさい!
学校の方もヒーヒーですわ=3なんてちょっとタメ息をついちゃってみたり。よっし!!夏はすぐそこじゃ!!
ここは更新しないくせに、皆のとこには遊びに行くので宜しくお願いします♪
Posted by kirari at 14:20 | Thailand | comments(0) | trackbacks(0)
タイの思い出を語ろう★ Greenway Country home編
写真をだだっと載せますね。こんな所に住んでいました。






Greenway Country home
私が見たタイの家屋は大体こんな感じだった。ここに村の子供たちが毎日遊びに来てた。
ブランコ
見切れているけど、タイヤのチューブと竹だけで作ってあるブランコ。お昼にここでぼけっとするのが最高に気持ち良かった。
横のコンクリ打ちっぱなしの小屋はお風呂+トイレ。お風呂はただ水が張ってあるだけで水を入れ替えることはほとんどなかった。それを浴びるのだが、タイとは言え、朝晩は冷え込んで辛かった。タイのトイレの管は細いので、ほとんどの場合横に溜めてある水で流す&手で拭く。
私はお風呂にもトイレにも抵抗なく馴染めたけど、お風呂&トイレに鍵と電球がないというデンジャラスな状況に毎回ドキドキハラハラさせられていた。

洗濯物そよそよ。下着も堂々とそよそよ(笑)突然スコールがやってくるので、一日に3度洗濯をし直すこともあった。
キッチン
炊事洗濯はここで。奥のガスボンベで直接火力調節というデンジャラスなcooking.もちろん冷蔵庫などなく、常温保存。時々!?な状態になった食べ物にMasaは腹痛を起こしていたけども、私は2週間ずっと大丈夫だった。I'm アジア向き??
cooking
当番制だけど料理をするのはほぼ固定メンバー。唐辛子を触った手で顔を触ってピンチに陥ることなんてしょっちゅうだった;;左手は不浄の手だから、左利きの私は左手を使わないように相当気を使ったし、右手で食べるご飯にも相当苦労しました(>_<)

タイ生活はこんな感じでしたおうち つづく・・・(思ったよりシリーズは長くなりそうかも:::)
Posted by kirari at 23:22 | Thailand | comments(12) | trackbacks(0)
タイの思い出を語ろう★ メンバー紹介編
ようやく本来の目的であるGreenway Country homeでの生活が始まった。私はGreenway Country homeに2週間滞在し、昼間は現地の小学生〜高校生に、夜は村の子供達に英語を教えるというプログラムに参加した。
※Greenway:タイで行われるワークキャンプを運営している組織
私とMasa以外のGreenwayのメンバーは皆、その村に長期滞在をしている人たちだった。さ、さっそくメンバー紹介からおはな



―性陣:中央から時計回りに、Danny(from Deutschland),Andrea(from Deutschland),Koy(from Thailand),Masa(from Japan),Kirari(from Japan 本名ではありません。自分だけズルイな。。)
Tanom(from Thailand)国旗が似合いすぎたらーっ
左からTibo(from France),Maxim(from Deutschland)兄弟ではありませんひやひや頭と髭がひっくり返っちゃいました。

以上のメンバーで一つ屋根の下過ごしました。出身間違っているような・・・ま、いっか☆
Danny
めちゃくちゃ気の強い女性でよく皆と衝突してました;;でも、子ども好きで、英語を教えている時の彼女の表情はとても柔らかくて好きでした。
Andrea
上品な女性。タイ語やタイの文化を学ぼうとする姿勢がすごくて、どんどん吸収していく様が印象的だった。写真を撮ると必ず半目になっちゃうという可愛い一面も♪彼女とはなんと同じ誕生日でした!
Koy
物静かな女性。とても家庭的でよく料理を教えてくれた。一週間だけの付き合いだったのが残念。。実はTiboと・・・ポッ
Masa
とてもキュートで元気な女の子。外大だけに、英語を使うのも積極的!私はMasaの明るさにとても救われた。
Kirari
行き当たりばったり人。以下割愛。
Tibo
クールガイ。読書家だったような??坊主にしたのも確か仏教徒になるとかならないとか??ほとんど話した記憶がないけど、ゲームをする時はとても無邪気でハイテンションになってた☆
Maxim
絵と音楽と自転車と、そして何より子どもをこよなく愛す青年。目がすごく綺麗な色してたなぁ。日本に居るニイちゃん達と何ら変わらない感じで話しやすかった。
Tanom
もう大好き♪♪とても優しくていい加減で(笑)歌が物凄く上手で、よくスキヤキsongを歌っていた。Tanomの英語は訛っている上に早口なまさにタイ人の英語。ずっと一緒に居たから、Tanomの英語がうつっちゃった;;

以上のメンバーであれこれ過ごしていったわけです赤りんご
Posted by kirari at 22:31 | Thailand | comments(0) | trackbacks(0)
タイの思い出を語ろう★ Chiangmai→Ubon ratchathani編
タイ3日目の夕方、チェンマイを後にし長距離バスに乗ってウボンラチャタニへ向かった。はっきり覚えていないけど、相当時間がかかった気がする。チェンマイでの一件が相当堪えたので、バスで出された物に対しても疑いが拭いきれず、飲まず食わずで荷物を抱きしめながらバスに揺られた。あまり寝ることも出来ず、“つとめて明るい内容”の手紙を書くことで気分を紛らわした。

しかも、途中(その問題の深刻さに)気が付いたのだが、私はタイ語が読めない、話せない、聞き取れないのだ。途中バスの乗換えがあったはずなのに、結局途中下車する勇気も出ず東へと向かった。そして、オロオロしているうちに日が昇りきってしまった。考えてもどこで降りるかも分からないので、自分の直感を信じて降りてしまった!!ら、そこはウボンラチャタニだった。
うち、すごい・・・てか、無謀!?とりあえず、ほ=3

と思ったら、また問題発生。どこがNICEのメンバーとの待ち合わせ場所なの!?日本で待ち合わせ場所のメールをしたが、結局返信がないままウボンラチャタニに来るはめになったのだった。
「俺のトゥクトゥクに乗りなよ♪」というお兄ちゃん達の声を振り払いながら考える、考える・・・。
こうなりゃ多分駅だわ!!分かりやすい場所じゃろ!!と、駅に向かう。確かソウテウで。そしたら、駅が待ち合わせ場所だった。
うち、すごい・・・てか、無謀!?パート2★本当に良かった=3

ソウテウ イメージ


迎えに来てくれてたのはTiboというフランス人&Koyというタイ人。そしてなんと同じ日程でワークキャンプに参加する日本人の子が居ることが発覚!名前はMasa、一つ下の外大生(私が一浪しているから、同じ大学2年生(当時))。4人でご挨拶 「サワディ・カー」わーい

バスでキャンプ地に向かう。バスで揺られ揺られ、ひたすら揺られ揺られ、相当揺られて小さなバスターミナル。思ったより遥かに奥地に村はあるようだ。。疲れたよぉ。
ここで屋台で辛ーい食事&まっピンクのファンタを飲む。その時!長距離移動に先に悲鳴を上げたのは、普段は頑丈な私の体の方だった。突然言いようのない吐き気に襲われて、何もかもすっからかんになる程もどしてしまった。しかも路上に;;
※お食事中の方申し訳ない!!!
辛くて油っぽいタイの食べ物に胃がついていけなかったようだ。

こほん。気を取り直して村に向かう。
ソウテウに乗ってひたすら奥へ。緊張してあまりメンバーとは話せなかったが、途中バッファローの大群に遭遇したり、ソウテウに乗り込んできた帰り道の子ども達の笑顔に会えたりと、ソウテウでの移動は楽しかった。
本当に何時間移動しただろう。村に付いた頃には真っ暗で、辺りを確認できなかった。
しかし、どうにか無事(?)辿り着いたGreenway Country home
これから2週間、ここで暮らすんだ。

つづく・・・
Posted by kirari at 19:48 | Thailand | comments(4) | trackbacks(0)
タイの思い出を語ろう★ Chiangmai編
チェンマイに真夜中に到着。真っ暗&宿無し&本当に外国。やってしまった、想像以上に自分のしていることは重くのしかかってきてた。
とりあえず半ベソ状態でトゥクトゥクに乗って宿探し。日本人がよく集まるという宿にウボンに行くまでの3日間宿泊することにした。

ホテルの従業員は少し日本語が話せてすごく安心した。チェンマイの街も案内してもらった。

エレファントファームに連れてっていってもらった時の写真。さとうきびを持って立っていたら像に狙われた;;タイっぽい写真だな。エレファントファームの像については色々思うことがあったけど、ここでは置いておきます。あ、こんにちは。これがkirariデス猫2

お店を守るちびっこ。

この街では色々あった。
仲良くなった人たちがオカマちゃんだったこと。そのうちの一人に愛をささやかれ続けたこと(うん?男として!?オカマちゃんとして!?)。楽しんでいるつもりが、実はこの先の不安で押しつぶされそうになっていたこと。そして、良くしていてくれたホテルの従業員が、ぼったくり犯だったこと。

現地の金銭感覚が身についてきて薄々気付いていた。でも、タイに来て初めて良くしてくれてた人たちを疑いきることが出来ないでいた。とりあえず荷物だけは死守しようと、四六時中離さないでいた。(ホテルに置いてても部屋を開けられるから危ない)
結局3日目の朝、偶然ホテルのロビーに居た日本人3人組に事情を話すと、そのうちの一人のチェンマイに大変詳しい方がホテル側に詰め寄ってくれた。
明らかになったのは、3日間従業員のふりをして私にくっついて来てた人は勝手にホテルに住み着いている人だった。
予感が的中したのと、自分の不甲斐無さと、でもまだ信じられないので泣き崩れてしまった。日本人3人組みが抱えてくれて、ホテルを後にした。

その後ウボン行きのバスが来るまで3人組と街を歩いた。
チェンマイに詳しいSusumuさんという方に
「少し高いお金を出して社会勉強したと思えばいいよ。ウボンではいい出会いがあるといいね」と言われたことで、落ち着きを取り戻せた。残りの2人(バックパッカー歴の長い1つ年上の女性&初海外の1つ年下の男の子)もいい方だった。3人に見送られ、長距離バスに乗ってウボンラチャタニに向かう。

人を疑うことの良し悪しを論じると答えに詰まるけど、タイに一人で降り立った以上、自分のことは自分で守るしかないのだ。その手段として、人を疑う目も持ち合わせなければならないということを痛感した。短くも強烈なチェンマイでの3日間が終わった。

あ、また長々と打っちゃった(>_<)
つづく・・・。
Posted by kirari at 23:18 | Thailand | comments(7) | trackbacks(0)
タイの思い出を語ろう★ はじまりはじまり編
今日wataluckyくんが「タイに行けたらな〜」なんて記事を読んでたら、私のタイの思い出が爆発しちゃいました!そんで、「よし、タイの思い出を語ろう」と(笑)
でも熱しやすく飽きやすい性格なので、シリーズにします。
タイに行ったのは大学2年生の夏だから、もう3年が経ちます。当時は(今もか。)デジカメ持っていなかっので全部ばかちょんカメラか現地でフィルムを買って安いカメラで写真を撮りました。ほとんどが綺麗に焼きあがらなかったですが、ざっと200枚はあるはず。それをいつかPCに取り込みたかったんで、今回をいい機会として取り込みました。写真の準備はバッチリです★あとは続くかどうか(笑)

ラブとにかく!wataluckyくん、皆々様も、楽しんでくださいね(・▽・)ラブ

まず、なぜタイに行ったのか。
そこにタイがあったから。・・・おお!カッコイイ(笑)いやや、ただ「行きたかったから」それだけです。国はどこでも良かった。何だか急に「今だ!」って気がしたのです。もちろんそれまでは渡航経験ゼロ。でも決めたからには実行するのが女kirariなのです!

そこで友達づたいに聞いたのがNICEという世界中でワークキャンプを行っているNGOの存在です。←詳細はクリック♪
結論から言うと、これに参加することになったのです。行き先はタイのUbon ratchathaniというラオスの国境にある村です。ちょうど地図でいったら紫の部分です。像の“耳の下”くらいかな。

バイトもあったので2週間のワークキャンプ前後に一人旅を数日、計20日間の滞在の計画を立て、慣れないパスポートや海外保険の手続きに悪戦苦闘しながら出発の日を迎えました。
今考えると予防接種もしてないし、鞄はバックパッカー用とはほど遠い本当のただの鞄、それに100均で買った南京錠をつけてみた。ナイフで切って中身盗んでくださいと言わんばかりの荷物。英語もタイ語も全く出来ず、頼りになるのは自分の空手!?いや、それもないか。
本当に無謀だった・・・。これが若さってやつ??

福岡発、台北経由でバンコク入り。その日のうちにChiangmaiという北部の街に国内線で一っ飛び。緑のとこらへん。
※英語力のなさでエグゼクティブクラスばりの席をとってしまう!リュックサックとガイドブックを片手にした田舎娘には、場違いもいいとこだった。。
前途多難な予感はこの頃からプンプンしとったムニョムニョ

つづく・・・ あ、これから先は写真メインでいきます★
Posted by kirari at 22:11 | Thailand | comments(0) | trackbacks(0)
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Bookmarks

Profile